水曜日はパパが外食でした。
朝からパパを会社に送っていって・・・私はパパの弟さんの嫁・Hちゃんとココスでランチ。
そんな日の晩ごはんはこちら。

DSCN0616

・鯛の炊いたん
・鶏肉の焼いたん(焼肉のたれ味)
・白菜の炊いたん
・冷奴

でした。

パパは、魚の煮つけが食べられないので、食べない日をよってのこの献立です。

で・・・4時間もココスの人に迷惑な・・・と、パパに言われたものの・・・。
女の人は、4時間ぐらい話しますよね。

cat11_item113


食べたのはこちら。
洋食屋さんのコンボランチです。
ドリンクバーもつけて950円。
4時間なので、1時間250円ぐらい??
とってもお安い時間です。

で・・・お話は・・・
いろいろ愚痴を言っていたのだけれど・・・
結局は私たち親から脱却できない”依存性パーソナリティよね”っていうことに落ち着きました。

ちなみにHちゃんはこの本を貸してくれるという。

母という病 (一般書)

新品価格
¥1,512から
(2015/1/30 08:18時点)



「そうそう・・・これ、読みたかったんだ。」by私。

なんて、ちょっと変な会話をしてきました。

う~ん・・・でも、親が歳をとると、それだけではいかなくなります。
放っておく罪悪感に駆られてしまうのです。

「実家にこんなに来ないなんてなんかおかしい??」と思っていたであろう両親が、昨日やって来ました。

いろいろ自分の言いたいことを言って・・・最後に、

「ちゃんと、鍵、閉めときなあよ・・・!!」

と言って帰っていきました。
きっと、私の事が心配なのでしょうが・・・
中学生の子供が居て・・・もう世の中では私の事は中年と呼ぶのよ・・・。
80歳になった父、77歳の母・・・
よぼよぼとして・・・よっぽど私の方がしっかりしているのに。。。

今までは、そう言われても””はいはい””と、聞けていたのに、出来なくなってきました。

「そんなことまで支配したいのか??」って思っちゃうんです。
聞き流せばいいんでしょうが・・・良い子ちゃんな真面目に育てられているのでなかなかできません。

というのも、自分の言いたいことしか言わない、自分の思うことしか受け入れなくなってきた両親にズレを感じているのでしょう。

どこら辺で折り合いつけるかなあ・・・。

↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると励みになります。

にほんブログ村

父という病 (一般書)

新品価格
¥1,512から
(2015/1/30 08:19時点)

毒になる親 一生苦しむ子供 (講談社 α文庫)

新品価格
¥842から
(2015/1/30 08:19時点)